東京日々新聞 百八十五号

アイテム

タイトル
東京日々新聞 百八十五号
Level
アイテム
識別子
O-COL-SN-131
タイプ
錦絵
キーワード/Subject
新聞錦絵
ページ数
1
来歴-所有者(L6-001)
東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター
来歴-現物資料の来歴(L6-002)
1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。
言語(L6-077)
ja
内容記述(L6-068)
兄を救うために血書を衆議院に出す。(読み下し文_括弧なし:越後国蒲原郡二俣村/元里長に片桐省助と/云る者あり戊辰の際/東京府判事に撰挙せられ/間なく罪あつて遠流に処せらる/然るに母ハ日夜比事をのミ涕泣し/遂に病ひの床に臥せしを二男/小林次郎母の哀痛兄の困苦を/悲ミ身を以て兄に代らん事を/水原県へ訴へしが之を許さず/是に於て東京に出府し/馬喰町の旅泊にあり/て願意を血書し/身を殺して以て兄が/憂苦を救はんとすでに/屠腹せんとするの際/友人頼。大橋の両生をりから/茲に来かゝり死を止めて血書を/衆議院へ出せしが朝廷次郎が孝悌を/憐ミ玉ひ省助が流罪を解かせらる次郎が/歓び譬んにものなし前日の血書ハ今日故郷へ/錺るの錦となり兄弟相携へて二俣村に帰りしかバ/母ハ枯木の春にあふ心地して忽ち重病快気を/得たり朝廷尋て二郎を賞し若干の/褒美ありしとぞ/山々亭有人記 )
作成(L6-027)
絵師:一恵斎芳幾,彫師:渡辺彫栄
出版者(L6-074)
人形町具足屋
サイズ/Extent
370×250
デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046)
デジタル化済
元記事原文(CUSTOM_00023)
小野記載なし
sort
O-COL-SN-131
資源識別子/Identifier
b11669d6-2a7d-4dff-8f29-05b8de51fc2f

エクスポート