東京日々新聞 六百九十七号

アイテム

タイトル
東京日々新聞 六百九十七号
Level
アイテム
識別子
O-COL-SN-144
タイプ
錦絵
キーワード/Subject
新聞錦絵
ページ数
1
来歴-所有者(L6-001)
東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター
来歴-現物資料の来歴(L6-002)
1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。
言語(L6-077)
ja
内容記述(L6-068)
火事で慌てふためく船を鰐が襲う(読み下し文_括弧なし:度会県下志摩の国/甲賀の浦に鰐すミて、暴風雨/の其折ハ。不斗して浮ミ出る/事有り、全身海草蠣貝附て、/巌にひとしき形相なり、折々船を/覆し人を害する事ありしが。近頃哀な/一話あり、何方の浦を舩出せし商舩/なる歟此沖にて、火を失ちしが舩中の、乗組/一同力を盡し、消止んと働けども、火勢次第/に蔓延てせんかたなぎさに救ひの舩を、/呼バんとなせし折柄に、海底俄に鳴動なし、/渦巻く波間に彼の鰐が現れ出て、口を/開、猛火に懼/れて海中へ飛入る舩/子をガバと呑む、其恐しさに/救わんと、近寄る舩も逃散り/しはハ、浮屠師が説る幽冥の有様/かくやとこそハ思ハれたり、炎ハ/益々激くなり、舩は跡なく焼/失て、壱人も助る人なきハ、本年/五月の事なりけり/墨陀西岸 温克堂龍吟誌 )
作成(L6-027)
絵師:惠斎芳幾,彫師:渡辺彫栄
出版者(L6-074)
人形町具足屋
サイズ/Extent
350×245
デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046)
デジタル化済
元記事原文(CUSTOM_00023)
○度会県下勢州宇治岡出某の來書に云同県下志摩国安乗郡甲賀の海に鰐魚ありて〓(みみに上寸)に人を害す又此頃商船この沖合にて■らず火を失せしれど沖中なれバ之を助る船なく乗組一同消防に■力なせとも終に及バず狼狽して海に入る者ありしが彼の悪魚躍出て忽ち之を呑む乗組のもの之を見認め船に在りてハ火災あり海に入れバ魚呑の惨あり進退共に極りしを折節通船之を見て船を寄せ残れる人を助けたりと云ゝ其実を知らずと〓(いへども)も此人ゝ■らず波に漂ふ孤舟にて祝■に一掃せられ又もや魚腸に葬られんとす窮途と云べし
sort
O-COL-SN-144
資源識別子/Identifier
722c95d4-141a-4c33-a2e2-4114c1e01de0

エクスポート