近世人物誌 やまと新聞付録 第十二

アイテム

タイトル
近世人物誌 やまと新聞付録 第十二
Level
アイテム
識別子
O-COL-SN-070
タイプ
錦絵
キーワード/Subject
新聞錦絵
ページ数
1
来歴-所有者(L6-001)
東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター
来歴-現物資料の来歴(L6-002)
1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。
言語(L6-077)
ja
内容記述(L6-068)
五代目坂東彦三郎(読み下し文_括弧なし:五代目坂東彦三郎/永喜の三津五郎王子路考和泉町の幸四郎/をイや見せたかつたといふ昔贔負の老人を箍が弛/んだの爺気廻りのと笑ひし嫁が姑となつて佐/倉宗吾切れ与三(よさ)の新作もいつか通り過て稲妻/表紙の又六をイや見せたかつたとの彦三贔負/も後に近き大晦日御用心御用心の教化味ある/哉爰に五代目坂東彦三郎ハ童名を鉄蔵と/号て中橋大鋸町の大工藤五郎の次男なるが故有/て四代目彦三郎〈亀蔵〉の養子となり名を鶴之助/と改め九歳にて中村座へ出しを以て初舞台とな/す。時ニ天保十二年九月旧地堺町にての事也其後/竹三郎と改め安政四年二十五歳にて父の名を/つぎ五代目彦三郎となりてより以来其演ず/る所一つとして不評なるハなく今も好劇家の語/り草となるもの甚多く三都に/其名を轟かせしハ/皆人の知る所なれバ今更爰に記さず明治九年/守田座類焼の後尾州名古屋を経て大阪へ下/りしに惜むべし天歳を仮ず翌十年十月十三日年/四十五歳にして浪華の旅寝に故人となり生玉中/寺町の浄運寺へ埋葬して法名を常照院迎誉/紫雲居士と号す然るに死せしハ偽にて云々の/事に依りて今尚日向の孤島に在りと去るころ/世上に浮説ありしを当社にてハ虚説なりと其/頃の紙上に記したれど年月法名等を確めん/と近世人物誌へ加へたり影清を画しめたるハ/前の説に依りての戯れなり )
作成(L6-027)
絵師:芳年/彫師:彫工円活
日付
1887
成立年代-元号(L6-021)
明治
成立年代-年(L6-022)
20
成立年代-月(L6-023)
9
成立年代-日(L6-024)
25
サイズ/Extent
365×250
デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046)
デジタル化済
sort
O-COL-SN-070
資源識別子/Identifier
3ffafb6c-c242-4a4e-b44a-18c177f21c2b

エクスポート