近世人物誌 やまと新聞付録 第十三

アイテム

タイトル
近世人物誌 やまと新聞付録 第十三
Level
アイテム
識別子
O-COL-SN-071
タイプ
錦絵
キーワード/Subject
新聞錦絵
ページ数
2
来歴-所有者(L6-001)
東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター
来歴-現物資料の来歴(L6-002)
1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。
言語(L6-077)
ja
内容記述(L6-068)
江川太郎左エ門(読み下し文_括弧なし:江川太郎左エ門/江川太郎左エ門ハ豆州韮山の代官幕末屈指/の名士なり平生深く水戸烈公の知遇を受/しが文武両道の達人にして何事の問にも響/の声に応ずるが如く答へ申せしかバ烈公如何/にもして其の当惑の様を見て興ざんものを/とてある時太郎左エ門伺候せしに其許ハ何/芸にも渉りて世に知らずといふことなし定て/音楽にも達しつらんに何にてもあれ奏でて/聴せよとのたまふ弗に心得申さざる旨を答/へ申せしかど推返して否すハ謙遜ならん/必定心得あらんとの玉ふにぞ太郎左エ門/かしこまりて是を習ひたるものハ御座なく候へ共/やつがれ幼く祖母の手元に養はれし折祖母/が手ずさミの琴を少しばかり聞覚て候再往/の御諚黙止がたく候へバこれをなりと御笑艸に供へ/申すべきかと申すそれ面白し所望せん琴もて/との仰に近侍琴を持出やをら江川の前に/差置ぬ文武の道にこそ暗からね髟胡武士の音楽何/の興かあるべき叶はぬ迄も辞し申べきを由なき事/申出てあはや不束の事するよと坐にある者手/に汗を握りて扣しに太郎左エ門ハ従容と琴に向/ひ頓てさらさらと掻鳴せし爪音実ニ行く雲を止め/梁の塵を動す斗りにて此道に堪能の者とても/此にハ過じと見えしかバ一坐の者ハ云迄もなし烈公/も深く感心ありしとや名優にやさしき物語になん )
作成(L6-027)
絵師:芳年 /彫師:彫工円活
日付
1887
成立年代-元号(L6-021)
明治
成立年代-年(L6-022)
20
成立年代-月(L6-023)
10
成立年代-日(L6-024)
16
サイズ/Extent
370×250
デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046)
デジタル化済
sort
O-COL-SN-071
資源識別子/Identifier
3007332a-9d1e-4c01-9cfc-b15b9ad50c88

エクスポート