近世人物誌 やまと新聞付録 第十一

アイテム

タイトル
近世人物誌 やまと新聞付録 第十一
Level
アイテム
識別子
O-COL-SN-069
タイプ
錦絵
キーワード/Subject
新聞錦絵
ページ数
3
来歴-所有者(L6-001)
東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター
来歴-現物資料の来歴(L6-002)
1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。
言語(L6-077)
ja
内容記述(L6-068)
花井お梅(読み下し文_括弧なし:花井お梅/ 今ハ酔月の女房お梅故ハ柳橋では小秀/新橋でハ秀吉とて三筋の糸に〓001[いとへんに念]りを掛/け三弾の何でも宜と気随気まぐれで/鳴らした果五月の闇の暗き夜に以/前ハ内箱今ハ食客の峯吉を殺せし/事ハ普く人の知る所ながら彼を/殺せしといふ原因に二様あり一は/峯吉が平生よりお梅に懸想し言/寄ることも数度なりしが流石に面/恥かゝするも気の毒とて風の柳に/受居りしを或る夜兇器をもつて/情欲を遂んと迫りしより止を得/ず之を切害せしといふにあり一ハ世に/も人にも包むべき一大事を峯吉に洩/せしに彼の同意をせざるより事の爰/に及びしともいふ二者何れが是なる/か公判の上ならでハ知るによしなし/唯お梅は是迄も情夫の自己につれ/なかりしを憤り之を害さんと威/したる事二度に及ベリされバ此度の/峯吉殺しも想ふに種々入込たる事情/もあらんか兎にかく凄き婦人なりかし/ )
作成(L6-027)
絵師:芳年 /彫師:
日付
1887
成立年代-元号(L6-021)
明治
成立年代-年(L6-022)
20
成立年代-月(L6-023)
8
成立年代-日(L6-024)
20
サイズ/Extent
370×250
デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046)
デジタル化済
sort
O-COL-SN-069
資源識別子/Identifier
2681272b-57c4-41c0-b328-aa495d738eb8

エクスポート