焼場方角付∽032

アイテム

タイトル
焼場方角付∽032
記述レベル
アイテム
作成日
1850
資料ID
032
枚数
1
来歴-所有者
東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター
来歴-現物資料の来歴
1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降
図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。
形態・形式情報-表現形式・スタイル
03報道・ニュース
言語
ja
内容記述
焼場方角附/¥凡(およそ)世上の¥災(わざわひ)といへる内¥雷火(らいくわ)天火等ハ天の/¥所為(しよい)にして人力もて量るべからず/されバ平生より心がけなく火をバ/¥粗略(そりやく)になし其身計に/あらで其¥余災(よさい)他人に/及事偏にいたハし/からずやいま/嘉永三戌/とし/二月/五日/朝/五ツ/半/時より/北風/烈折から/麹町五丁め/裏通より/出火して/高貴の/御館をはじめ/御はた本其外/大小の御やしき/且ハ神社/仏かくあまた/類焼なしけるゆへ/諸人力をつくし/¥防消(ふせぎけす)といへども/風強くして/思ハず¥広(かう)/大にいたり/冬天を/こがし煙/雲を染/家居の¥崩(くづるる)/おとすさ/まじく/遠近に/きこへて/おびただし/其夜の亥/刻に火ハ¥静(しずまり)/て諸人安堵/の思ひをな/すといへ/ども斯/も世の/わづらいと/ならん事其恐/少からず家も人も/つとめて火の元を大事になし/殊に下人なとに猶よく示て/火を敬ひつかふときハかのつち/の神の¥恵(めぐミ)をかふむりその/いへますます富さかえ/て火災をのがるるよし/古書に見へたり其外/火ハ人を養のとくありて/其恩をしらずミだりにあつかふ/ことゆめゆめ在へからず是によりて/只々世の人のためにもなりぬべきことと/遠方の人にもしらせん便ともならんと図をしるし拙言を/添るのミ/
概要-名称
焼場方角付
成立年代-元号
嘉永
関係資料-所蔵機関
東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター
デジタルデータ関連-デジタル化の有無
デジタル化済
デジタルデータ関連-デジタルデータの収蔵場所
東京大学大学院情報学環図書室
情報入力
新関
sort
0000-0032
資源識別子/Identifier
0b10130b-db47-4074-afeb-127207acfe77

エクスポート