公開コンテンツ概要

Digital Cultural Heritageで公開中のデジタルコンテンツの詳細をご説明いたします。

 

社会情報研究資料センター所蔵 新聞原紙資料のデジタルコンテンツ

当センターが東京大学学術資産アーカイブ化推進室の支援を受けて行っている「著作権保護期間を満了した所蔵新聞原紙のデジタル化事業」の成果として公開するものです。他館所蔵がほとんどなく、且つ発行母体の直接の後継組織や団体等の存在が確認できず、今後のデジタル化が期待しにくい1900年代前半に発行された業界紙を中心として事業を進めております。
具体的には、本システム上の「キーワード検索」、「階層検索」で画面左側に出る「資料群階層」で「社会情報研究資料センター所蔵 新聞原紙資料」フォルダに格納されているデジタルコンテンツのことで、2019年4月現在では、以下の5紙となります。
以下の資料名をクリックすると、本システムで公開している全てのメタデータとURL、利用条件の一覧(Excel)をダウンロードできます。

これらのデジタルコンテンツの利用条件は、こちらよりご確認ください。

 

大井第一小学校寄贈資料のデジタルコンテンツ

東京都品川区大井第一小学校郷土資料室(現在は閉室)が所蔵した、昭和30年代を中心とした児童書、雑誌の付録漫画等です。これらの資料は、2010年に当センターに寄贈されました。

具体的には、本システム上の「キーワード検索」、「階層検索」で画面左側に出る「資料群階層」で「大井第一小学校所蔵児童書」フォルダに格納されているデータを指します。
以下の資料名をクリックすると、本システムで公開している全てのメタデータとURL、利用条件の一覧(Excel)をダウンロードできます。

これらのデジタルコンテンツの利用条件は、こちらよりご確認ください。

 

社会情報研究資料センター所蔵 新聞原紙資料以外のデジタルコンテンツ

2016年まで公開していた旧Digital Cultural Heritageに収録されていたデジタルコンテンツです。
具体的には、本システム上の「キーワード検索」、「階層検索」で画面左側に出る「資料群階層」で「小野秀雄関係資料」「外務省関係資料」「森恭三コレクション」「坪井家関係資料」の各フォルダに格納されているデータを指します。
以下の資料名をクリックすると、本システムで公開しているメタデータのうちタイトル、資料ID、加えてURL、利用条件の一覧(Excel)がダウンロードできます。

  • 小野秀雄関係資料:新聞学の祖である小野秀雄が作成・収集した研究資料。目録データに加え、一部画像データを公開している。
  • 外務省関係資料:外務省情報部が収集・所蔵していた資料で、当センターの前身である旧新聞研究所の何初彦教授によって収集・受け入れられた。画像データとメタデータを併せて公開している。
  • 森恭三コレクション:当センター前身の社会情報研究所に寄贈された元朝日新聞論説主幹森恭三著作物を収録した『森恭三著作集CD-ROM版』の目録データを公開。
  • 坪井家関係資料:明治期の人類学者である坪井正五郎が収集及び作成した資料。目録データに加え、一部画像データを公開している。

これらのデジタルコンテンツの利用条件は、こちらよりご確認ください。